top.jpg
hand embroidery works


http://chez-aya.com
Fluffy and comfortable

 

the upper : general embroidery thread

the lower : Sunny thread

 

glossy like a silk and fluffy like a cloud .

Sunny thread is made without mercerization.I think both have own cherm.

Please look forward to seeing new works made with fluffy sunny thread.

 

ツヤツヤとふわふわ。
上が通常の刺繍糸で、下がSunny thread。
どちらの質感にもそれぞれの魅力があります。
通常の刺繍糸で施されるシルケット加工。
木綿の糸を苛性ソーダに浸すことで、名前の通りシルクのような艶と発色性が得られる加工。
Sunny threadはこのシルケット加工は施さず、綿本来のふんわり感を生かすことにしました。
さて、このふわふわを活かしてどんなものができるだろう。楽しみにしていてくださいね。

 

 

Sunny thread project comments(0) -
From white to each colors

 

Sunny thread project
white organic cotton threads dipartured from my home for a dye works.
Please come back safe to here with beautiful colors ♡

真っ白の刺繍糸たちを工場さんへ出荷。
試し染を終え、いよいよ本番用の糸を染色。
予定の12色より少し増えて、初回は全部で15色仕上がる予定
これから長い時間をかけて少しずつ色数を増やしていきたいと思っているけれど、まずは最初の15色。
無事にそれぞれの色に染まって帰ってきますように ♡
Sunny thread project comments(0) -
color of memory on sunny thread

今回作っている刺繍糸、撚り上がった白いふわふわの糸を植物染料を使って染めていきます。自分の記憶の中にある様々な色たちをインスピレーションとして。それは特別なものでなく、ふと見上げた空の色だったり、朝食に食べたフルーツの色や、窓の外に見える木々の色…。何気ない日常で出会ったきれいな色、愛おしい景色。そんな記憶の中の色を糸に染めていくようなイメージで作っていけたらと思っています。そして、出来上がったそれぞれの糸の色が、その糸を使う人の日常へ彩りを届ける…と、楽しい連鎖になっていったらと願って。

 

Color #1:rendezvous in sunset
Dye: lavender of France
夕方、パリのGare de Lyon 駅。
携帯を持たない異国での待ち合わせのスリルと息をのむような見事な夕焼け。

 

 

Color #2: rose in the rain of May
Dye: rose
雨のドライブがこんなに綺麗で心地よいものだなんて。クートラスに触れた5月のある日。

 

 

Color #3:Cheers with Limoncello
Dye: lemon
キンキンに冷えたリモンチェッロで乾杯した夏の昼下がり。

 

 

 

この先どんな色ができていくのだろう。楽しみにしていてください。
現在実施中のクラウドファンディングのご参加は10/31まで。
引き続きご参加お待ちしております→https://readyfor.jp/projects/sunnythread

 

 

Sunny thread project comments(0) -
colors of memory

 

lovely scene in the autumn mornimg light .

Sunny thread will be dyed by colors of memory in my days.

 

朝の光の中の景色、秋の空気。

こういうその時その時の愛おしい空気みたいなものが色にできたら。

 

Sunny thread project comments(0) -
Botanical dye

 

今回作っている刺繍糸、撚りあげられた糸を゛ボタニカルダイ”という方法で染めていきます。botanical=植物 dye=染料 ということになりますが、金属を媒染剤として用いる従来の草木染とは異なる新しい染色方法。媒染剤がなくても草木の染料が繊維に吸着するように開発された糊と微量の化学染料を組み込むことで生まれた耐色性と良い発色を兼ねそろえた特殊な染色です。

 

 

 

従来の草木染の色合いとは異なる植物の持つ瑞々しい色彩を染めることができ、また化学染料のフラットな染め上がりとも異なる奥行きのある独特の魅力を放ちます。

 

 

 

過去の作品制作で実際自身でも紅茶や茜などを用いて従来の草木染の方法で布を染めていて、これはこれでとてもいい色合いで大好きでしたが、なんというか草木染独特のくすみがあり、いざ刺繍糸を豊富なカラーバリエーションで作りたいと思ったときに、表現できる色合いに限りがあるように思いました。

ではどういう染色がいいのかなぁとあれこれ考えているときに出会ったこのボタニカルダイでした。

もともと花や空、日常にあるいろんな色を眺めるのが好きで、そんな身の回りにある様々な色をお手本にしながら作品を作ってきた私にとって、この染色方法はなんとも魅力的でワクワクするものでした。
>
 
この染色方法で色々な植物を用いて、自分の記憶の中にある色を糸に染めていきます。

 

Sunny thread project comments(0) -
| 1/19 | >>