top.jpg
hand embroidery works


http://chez-aya.com
Returns of Sunny Thread Project
昨年の秋に行った、Sunny thread projectのクラウドファンディング。
クラウドファンディングの募集は1か月とういう短い期間でしたが、おかげさまで目標達成し、その後Sunny thread も無事完成。その後長い時間をかけて少しずつ、ご支援に参加してくださった方々へのリターン(お返しの贈り物)を制作していました。

全部ではないけれど、そのお届けした作品の一部をご紹介したいと思います。
支援者の方には”Sunny thread note”と称した簡単なアンケートに答えていただきそれを元にリターンを制作。アクセサリーを選んでいただいた方には、15色の糸の中から好きな色を選んでいただき、その色をメインカラーにした1点を制作しました。色以外にも具体的なリクエストがあったり、なかったり。お顔のわかる方、わからない方。それぞれの方にどんなものが喜んでいただけるかを考えながらデザインしていくのは楽しいながらも思った以上に悩む時間も多々。ちょっとずつ一つずつ形にしていきました。

選んでいただいたお色の糸と古いビーズを組み合わせて作った"Cotton drop"。

 

 

シンプルなお花のモチーフをお母さんとお子様用に。

 

 

ハイビスカスで染めた赤でハイビスカスのブローチを。

 

 

コーヒーで染めたお色とパステルカラーを合わせてコーヒーとケーキで”TAKE A BREAK” をイメージした小さなブローチ。

 

春に道端のあちらこちらに一斉に咲く生命力と愛らしさを持ち合わせた花たちをイメージした”Bloom!”

 

 


そしてバッグやクロスを選んでいただいた方にはもう少し具体的なアンケートに答えていただきました。
これは自分の中でずっとやってみたいなぁと温めていた試みの一つ。
Sunny Threadが私自身の記憶の中の景色の色から生まれたように、それぞれの方の記憶の中にある大切な風景をインスピレーションにした作品を作るというのがテーマでした。その人の記憶を想像し私が手を動かすことで依頼者と作り手どちらにとっても新鮮でオリジナルな物がうまれたら面白いな、というアイデアで。

 

 

冬の夕暮れの空をイメージしたテーブルクロス。澄んだ冬の空に一羽の白い鳥を羽ばたかせました。

 

 

こちらはハイビスカスカラーをメインに南国の思い出をイメージ。丈夫なトートで旅にももっていけるように。

 

 

こちらはお客様のリクエストで、SWAN BAGをSunny threadでお仕立てしました。糸が変わると雰囲気も変わります。

 

 

ある意味クラウドファンディングもインターネットを通じてのお買い物ですが、あらゆる物がネット上で購入できる今。ほしい商品を様々な角度から撮った写真で確認、心が決まれば支払いを済ませて、それ相応の物が数日後には届く。快適な安心感。それはそれで画期的なことだけど、それとは逆のたのしみ、届く物の完成像はわからない、だけど自分の為に作られた物が届くワクワク感、がある買い物があってもいいのかな、というささやかな提案でした。

 

それぞれにお届けした作品が、その方の生活のを彩る一アイテムになったらと願うばかり。出来立てほやほやの糸を使ってそんなスタイルで制作ができたのも、支援者の方々の胸を借りられたからこそ。微力な自分の小さなチャレンジに、手を差し伸べてくれた方々に改めて感謝を。本当にありがとうございました。

 

 

 

そして来月にはSunny Threadを使ったaya初めてのワークショップを行います。詳細はHPにて。⇒http://chez-aya.com/

 

 

 

Sunny Threadを使ってみたい方、刺繍を始めることにご興味のある方、丁度トートバッグがほしかった方…一緒に楽しい時間がすごせたらうれしいです。ご予約お待ちしております。

 

 

 

Sunny thread project comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>